医療事務の給料

労働をする事において、確認しておかなければいけないのが「収入や待遇」になります。

医療事務の仕事は高収入を望むことは難しいかもしれませんが、一般事務員ほどの収入をもらう事は可能です。
また、正社員や派遣社員やパートタイマーなどの勤務形態によって収入形式が違って来ますので、
確認しておきましょう。

[ad#ad-links]

なおパートタイマーでの勤務形態ですと、普通のパート業務に比べると収入は多いです。
ですので結婚後のパートや派遣業務での医療事務の仕事をする人が多くなっているのが現状です。

また、正社員の場合はクリニックなどの診療所よりも病院勤務の方が給料が若干高い事が多いようです。
月末や月始めの忙しい期間に残業をする事により、収入はもっと増える事でしょう。
 
 
医療事務の正社員の給料は、就労する病院の経営者や個人病院、総合病院、大学病院などで差はありますが、初任給の場合ですと基本給で14万円代~18万円が相場になります。

また高校卒と大学卒との学歴での給料差は少なく、むしろ「経験差」での給料面での開きがあるようです。

「賃金・労働時間実態調査報告」によりますと、高卒の場合は約15万8000円。
大卒の場合は約18万3000円となっています。

医療事務の正社員の給料というものはあくまでも「経験」によって差が出てくるものです。
未経験者の給料は一般事務職員の給料と同じくらいですが、ベースアップを望むことも出来ます。

これはほんの一例になります。
(例)
病院の採用担当者から
新卒(大卒・専門学校卒)で
基本給18万円前後、残業月40時間弱ありで手取り金額19~20万円ぐらい。
+資格給(医療事務1級・診療情報管理士等)もある。
来春から雇用する予定。
基本給17万円を予定している。
 
 こちらはほんの一例になりますが、残業手当や資格給なども含めると、手取りで20万を超える場合もあります。

医療事務の給与は勤続年齢や経験に応じて上がる場合が多く、医療事務3年目の平均年収はおよそ300万前後。
10年目で350万前後。
30年ほどのベテランの場合ですと、500万円台となっています。
 
 
派遣社員は「時給制」になっています。
医療事務の時給は一般事務員と同じくらいの水準になります。

病院や診療所などで異なる訳ですが、1000円~1300円前後の時給が一般的です。
経験者の場合は1200円以上、未経験者の場合は1000円ほどが多いです。

派遣社員の利点というと、

「未経験者でも採用が多い」
という事でしょうか。

実際求人情報を見てみても、正社員よりも派遣社員の場合、未経験者の採用が多くなっています。

未経験者の場合はまず派遣社員からスタートしてみるのも一つの方法ではないでしょうか?

しかし、派遣社員は長い期間働く事には向いていない勤務形態になります。
ボーナスの支給はありませんし、交通費も出ない場合が多いです。
自分の希望する期間や職場で労働が可能なのは良い点になりますが、長い目で見ると給与面では正社員とは違いが出てきます。
 
 医療事務の理想の勤務形態として、一つ挙げられるのが「パートタイマー形式で自分の好きな時間に働ける」という事です。
結婚後、家事や育児の合間に仕事をする場合に、

「午前中だけ」「午後だけ」という風に時間がしっかりと区切られているパートタイマーでの勤務形態を活用して、
少しの時間だけでも労働をする方が増えてきています。

パートの時給は800円台が相場になります。

ただし、これは経験の少ない人の時給になりますので経験が多い方なら、パートでも1000~1200円の時給の場合もあります。
医院や、勤務地によって時給は違って来ます。

パートの場合ですと、派遣社員と違って、直接病院や診療所と雇用契約を結ぶので、交通費は全額支給される場合がほとんどです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ