歯科医療事務を目指す資格

歯科助手資格・歯科事務関連の資格

歯科医院で働く場合には、医療事務の知識に加え歯科に関する知識も必要になります。
 
歯科医療事務(歯科助手)の歯科について詳しく知りたい方は
歯科助手の資格と仕事へどうぞ。 

しかし歯科事務に限定した資格というものはないので、基本的には医科事務と同様に医療事務技能審査試験や
診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験などを受ける事になります。
 

「診療報酬請求事務能力認定試験」と「医療事務管理士技能認定試験」は医科と歯科に分かれているので、歯科を選択して受験します。

 
歯科事務の知識は医療事務の講座や歯科助手向けの講座(ユーキャンなど)で学ぶ事が出来ます。
 

歯科助手とは歯科医院等で歯科医師の助手作業を行う職員を指します。

歯科衛生士さんとも違います。

簡単な違いといえば、歯科助手は患者さんの口の中に手を入れる事が出来ない決まりがあります。
歯科助手の仕事内容は「歯科医院」内での事務仕事や雑用全般などです。

大抵の歯科医院には歯科助手さんがいますので、就職もし易いと言われています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ