医療事務技能審査試験

医療事務職の知識や技能について、個々のレベルが客観的に判断できるものとして、医療機関からも高く評価されています。
診療報酬請求事務技能や医療機関での受付業務、接遇、院内コミュニケーションなど、医療事務職に必要な能力が評価されます。 
最初に受験する2級医療事務技能審査試験を受験するためには、受験資格があります。

医療事務職の経験がない場合は、


教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により認める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者


上記が挙げられます。

該当する講座がニチイ学館の医療事務講座となります。
 
医療事務技能審査試験の概要
 
受験資格
1級と2級がある

【1級】
(1)2級の技能審査に合格した者であって、医療機関等において医療事務職として実務経験を1年6ヵ月以上有する者
(2)教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により認める「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
(3)医療機関等において医療事務職として3年以上の実務経験を有する者

【2級】
(1)教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により認める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
(2)医療機関等において医療事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
 
試験科目
 
【1級】
実技I接遇、院内コミュニケーション筆記(記述式)2問50分
学科医療事務専門知識筆記(択一式)25問60分
実技II診療報酬請求事務明細書点検4問70分
 
【2級】
実技I患者接遇筆記(記述式)2問50分
学科医療事務一般知識筆記(択一式)25問60分
実技II診療報酬請求事務明細書点検4問70分
 
申込期間
当該試験日の2ヵ月前から試験日の2週間前まで
 

試験日
【1級】
年3回 6月・10月・2月

【2級】
毎月
 
試験地
全国各地
 
受験料
6,500円 
 
合格率
【1級】
不明

【2級】
65%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ