医療事務管理士技能認定試験

医療保険制度・老人保健制度等や医学一般についての知識、診療報酬明細書の作成など、保険請求事務についての知識・技能を認定する試験。医科医療事務または歯科医療事務のいずれかを選択する。
合格者には「医療事務管理士」の称号が与えられる。

医療事務管理士技能認定試験
 


この資格をもっと詳しく見るなら → 医療事務管理士技能認定試験 (医療事務資格種類ガイド内ページ)


受験資格
特になし。医科・歯科いずれかを選ぶ
 
試験科目
学科試験(マークシート10問):
1法規(医療保険制度・老人保険制度・公費負担医療制度等についての知識)           
2医学一般(各臓器の組織、構造、生理機能、傷病の種類等についての知識)
 
実技試験:診療報酬明細書の作成3問(医科:外来2問、入院1問)
 
試験日
年6回(1・3・5・7・9・11月の第4土曜日)
 
試験地
日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等
 
受験料
医科・歯科 共に6,000円
 
合格率
医科 43.1%       歯科 65.8%
 
問合せ先
技能認定振興協会

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ