医科事務関連の資格のポイント

医科事務の代表的な資格として、医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験があります。
医療事務の講座を開講しているスクールや通信講座の大半がこの資格取得を目標としています。 

「医療事務の勉強が初めての方」 「すでに活躍をしている、又は基礎的な医療事務の資格を保有している方」
「医療事務技能審査試験」 「診療報酬請求事務能力認定試験」
合格後すぐに医療事務として活躍出来る! さらなるレベルアップになる!

 
診療報酬請求事務能力認定試験は、有名な資格ではりますがやや難関です。
数ある医療事務の資格試験の中でも難易度が高いと言われています。(合格率は30%)
しかし、医療事務として仕事に従事していて、仕事の合間に勉強をしている方でもこの試験に合格されているとよく聞きます。
しっかりと勉強しておけば、30%の合格率ですので合格も夢ではありません。

また、診療報酬請求事務能力認定試験に合格すると、水準が高い資格でもある事から就職や転職に非常に有利になってきます。
医療事務の仕事に従事しながら、この資格取得を目指す事も考えてみてはいかがでしょう?

また、医科事務関連の資格では、医療事務管理士や医療保険士、医療事務士、保険請求事務技能検定試験なども一般的な資格です。
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ