医療事務の通信講座

医療事務関係の資格を取得する際に、「今流行の通信講座で受講しようかな・・・」と考える人も多いのではないでしょうか?

近年、通信講座での医療事務講座は数が増えてきて、選択肢が広がりました。
また通信講座と言えども、サポートがついていたり教材が充実しているなど、
スクールや専門学校並みに講座を受講する事も可能になってきました。

「医療事務関係の資格を取得する」と考えた時に、独学以外の方法は
【通信講座かスクールに通う】方法となります。

どちらの学習方法でも費用はかかりますが、受講体制は大きく違います。
自分にあった学習方法で勉強してみる事が一番近道だとは思いますが、
ここでは通信講座で学習する場合についての比較になります。
 
 
● 通信講座のメリット

通信講座のメリットには以下の点が挙げられます。

1 独学と違って、最短の時間で合格できる勉強法やスケジュールが分かる。
2 スクール通うよりもずっと低価格。
3 仕事やプライベートの時間をうまくこなしながら、マイペースで勉強が可能。
4 テキストはもちろん、学習テープやビデオ、DVDなどが用意されているので、
自宅で何度も反復学習が可能。
5 通信講座といえども、インターネットを使用して講師に何度でも質問出来るサービスなど、
スクールと同じような環境が整えられている。

通信講座の一番のメリットは、いつでもどこでも勉強が出来る事です。

「毎週何曜日の何時から・・」という風に学習時間が決められていないため、

・毎晩寝る前の30分間
・主婦業の合間に・・・
・週末に集中的に

と、自分のライフスタイルに合わせて学習が出来ます。

仕事をしていてなかなか思うように時間の取れない方や通学できる範囲に通学講座(スクール)がない方には最適だと思います。

通信講座を主催している企業も増えてきており、教材の内容やサポート体制や価格にも影響が出てきている事と思います。
ますます、「良い教材・充実のサポート・低価格」化が進むのではないでしょうか?

医療事務の資格を通信講座で取得しても不利になる事は一切ありませんので安心しましょう。

また、気になる教材ですが基本的にはテキスト学習や課題提出をして添削をしてもらうような形になっています。
現在ではビデオ・CD-ROM・DVDで分かりやすく解説してある教材も増えてきています。
 
 
● 通信講座のデメリット
 
・自分で学習予定を立てなくてはならないので、自己管理が出来ない人には不向き
・学習中の質問や疑問があってもすぐに答えがもらえない

いつでも学習が出来るのは非常に良い点ですが、
「今日はやめておこう・・・」と何かに理由をつけて毎日学習しない日が続いてしまったらどうなるでしょうか?

通信講座には受講有効期間というものが設定してあります。

「講座を受講始めてから1年間受講出来ますよ。その範囲内だったら、質問やサポートが受けられます」
というような期間です。

自己管理が出来ずに学習しない日が続いてしまって、有効期間が終了してしまったら困ります。

あくまでも自分のライフスタイルに合わせて自分のペースで学習が可能な方には通信講座は向いています。

また、学習中に「どうしてもこれが分からない!」と思ったとしても、通学講座と違って講師はすぐ側にはいません。
質問がすぐ出来ない状態になります。

とは言っても、講師にメールや電話やFAXなどを使用して質問が出来るサポートシステムを採用している講座がほとんどですので、返答があるまでに多少時間はかかりますが、質疑応答は可能です。

 
 
● 通信講座の選び方

その際にどういう観点で医療事務の通信講座を選択したら良いでしょう?

・テキスト・副教材・サポートの充実度

一番当然の事ですが、医療事務技能を取得するために必要な教材がどの講座にも含まれているとは思いますが、
その教材が「テキスト教材」なのか「ビデオ教材」なのか「CD-ROMやDVD教材」なのかも、学習する場合には
重要になってきます。

テキストだけで学習していると【難しい・飽きる】ような気がしてきませんか?

実務経験者や有資格者にはテキストだけでの学習でもしっかりと学べるかもしれませんが、
初心者にとってみると文字だけではなく分かりやすい画像付きの教材が良いかもしれませんね。

また医療事務の勉強には欠かせないカルテやレセプト作成の教材がついてくるかどうかもチェックする必要があります。なかには医療用語集や診療点数早見表などを副教材でつけているところもあります。

・講座修了後にどういう資格が取得出来るのか?

通信講座も通学講座も講座修了後にどの資格試験が取得出来るのかを確認しておく必要があります。

資格によっては通信講座のみを対象としているものもあるので、通学講座に比べて資格試験の選択の幅が狭まる事はありません。
受講期間内であれば何度でも受けれる資格試験もありますので、一度確認しておきましょう。

・主催団体は信頼出来るのか?

実は近年こういう問題が多く浮上しています。
「医療事務の講座を修了すれば仕事をたくさん紹介するよ」
「医療事務の講座を受講しませんか?パソコン付きで○○万円です」
というふうな在宅ビジネス紹介業者が多くなっています。

またこの手の業者の教材は驚くほど高額です。
間違っても購入しないようにしましょう。

インターネットや新聞やテレビなどでよく目にするような団体でしたら安心でしょう。

また有資格者に聞いてみるのも一つの方法です。
しかし間違って購入してしまったら、クーリングオフ制度を使用しましょう。

未使用の教材でしたら返品が可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ