医療事務の独学

医療事務の勉強を独学でするには?

独学の場合は、”医科診療報酬点数表”を、購入して、それを理解すればいいのですから、一番安上がりですね。
でも、なかなか困難。内容も、言回しも、かなり理解し辛いです。

医療事務の仕事に必要な知識は「保険請求事務 レセプト作業」をするための知識です。
この知識が一番重要です。

独学の場合は【医科診療報酬点数表】を購入して、理解する方法が一番費用もかからず学習出来ます。
内容や言い回しが難しいので初心者には困難を極めますが・・・。

医療事務の資格試験ではだいたい以下のような内容が問われます。

(1)医療事務に必要な知識を問う「学科試験」
(2)レセプト作業の能力を問う「実技試験」
の2つ。

(1)の学科試験で問われる医療事務に必要な知識は大きく分けて3つあります。

□法規関連
(医療保険制度や医療関連法規、公費負担医療制度、老人保険制度などについての知識)
 
□医学(歯学)・薬学の基礎知識
(医学は人体の構造や各器官の名称など、薬学は医薬品の種類と薬効成分など)

□保険請求事務
(保険請求事務の手順や診療報酬点数の算定方法、医療用語、カルテ読解に必要な知識など)

学科で試験に出される問題は、医療事務には絶対外せない問題です。

しかも広範囲なので、学習内容の全体像を理解してから細かい部分の学習をするようにしましょう。

実技では、レセプト作成をしたりレセプト点検などを行います。
もちろん診療報酬点数表なども持ち込みは認められていますが。点数表の内容も把握していないと
「どこに何の項目が記載されている」かが分からない場合が出てきます。

そうならない為にも、診療報酬点数表の内容も理解する事が必要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ